てんてんてん

MENU

台湾映画『若葉のころ』この世で最も爽やかな初恋はこちらです


f:id:velminton:20160522042329j:plain

「若葉のころ」観て自分の初恋思い出してるせいこです。
こんにちは。

縁ありまして、映画「若葉のころ」(5月28日全国順次公開)を、
一足お先に観ました!

一言でいいますと、
心の奥から爽やかな風が吹いてきます。

 

初恋、覚えていますか?

■あらすじ

f:id:velminton:20160522042451j:plain

(C)South of the Road Production House

子どもの初恋と親の初恋が動きだす

主人公、女子高生のバイは、親友ウェンと男友だちのイエとの間の三角関係に心を痛めます。そんな中、バイの母親ワンが交通事故で意識不明となり、目を覚ましません。
バイがワンのパソコンを整理していると、ワンの初恋の相手に向けた一通の未送信メールを発見します。
親と子ども、世代は違えど青春の甘酸っぱさは同じ、心にそよ風が吹くような爽やかな映画です。

■みどころ

老若男女、年齢問わず「青春」を思い出すことでしょう。
みどころは4点あります。

  • イギリス映画『小さな恋のメロディ』の名曲「若葉のころ」を描いている。
  • 国や時代、年齢は違っても変わらないものは必ずある。
  • 雨のシーンが印象的で、キレイ。
  • 所々、日本を感じる。

■こんな人にオススメします◎

  • 初恋したことがある方
  • 青春をしばらく思い出していない大人
  • 風が吹くような爽やかな気持ちになりたい方
  • ドキドキしたい方

■こんな人にはオススメしません×

  • ドロドロベタベタ恋愛映画を期待している方
  • オトナな人間関係を求める方
  • 今はコメディが見たい気分の方

 

"大人"にはわからない子どもの世界

映画『小さな恋のメロディー』、わたし知りませんでした。(笑)


簡単なあらすじをネット見てみると、

少年少女の淡い恋心を描いたラブ・ストーリーの傑作。典型的な中流家庭のダニエルと、貧しいながらもやんちゃなトムは大の仲良し。2人は学校が終わると、いつも一緒に遊んでいた。そんなある日、2人は学校で女子生徒がバレエの練習をしている部屋を見つけ、のぞき見をしていた所、その中の一人の少女の姿がダニエルの目に止まった。その美しい少女の名前はメロディ。彼は彼女に夢中になってしまうが……。 

引用
http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E6%81%8B%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3/14382/story/
※引用先、ネタバレ含みます。

こちらも子供たちの純粋無垢なラブストーリ。大人への反発も主題の一つのようです。
挿入歌「若葉のころ」という曲、日本で10万枚以上の売り上げを記録したそうです。絶対観るぞ。

 

"大人"になっても、初恋だけは忘れない

「17歳、初恋」こんなキーワードを聞いたら、自ずと爽やかな青春胸キュンラブストーリーを想像しますよ。
そこに、日本と台湾、現代と昔なんて違いは関係ありません。
ただ、当たり前だけど制服は違いますね、台湾の女子学生服、シンプルでかわいい。(笑)

f:id:velminton:20160522042538j:plain

(C)South of the Road Production House

上記写真のふたり、ベストショットだわ〜〜。
観てるこっちの方がドキドキするから。(笑)

 

制服や時代背景は違っても

  • 好きな子にはいじわるをする
  • 初恋の瞬間は何故か、懐かしい
  • 思春期、大人の世界に近づきつつも受け入れられない
  • いざ大人になると、自分の本当の気持ちに素直になれない

他にも共通するもの、たくさんあることでしょう。

 

雨が上がった後、雲間からさす光のような空気感

誰しも生きていれば辛いことあります。
辛いことだってそう長く続くわけではありません。

f:id:velminton:20160522042733j:plain

(C)South of the Road Production House

この映画では雨のシーンが多く出てきます。

大雨にひたすら打たれたい気分の時もあれば、雷雨を避けるため雨宿りしたい時、小雨の中を走りたい時もあります。
登場人物の心の中はセリフだけでなく、空にも注目です。

国語の授業で習った、登場人物の心情読み取りがここで役立つとは……(笑)

 

主人公バイの部屋の壁には……

f:id:velminton:20160522043202j:plain

(イメージ画像)

映画の中でピアノシーンが多々あるのですが、日本の曲流れてきます。

そして、主人公バイの部屋、壁に貼ってあるポスターがなんと、日本の超国民的アイドル!(笑)
台湾でも有名ですね。
みなんさん、一度は見たことあります。

海外映画にこういう物理的に日本を感じられるシーンがあると、親近感がわきテンション上がります。

 

 映画「若葉のころ」公開情報

予告編


映画『若葉のころ』予告編

・公開日

    5月28日(土)@シネマート新宿、シネマート心斎橋
    以降、全国順次公開!

・公式ページ

    サイト  「若葉のころ」公式サイト
    Twitter  映画『若葉のころ』公式 (@wakaba2016) | Twitter
    Facebook  https://www.facebook.com/wakabanokoro/

 

最後に一言!主人公バイ役のルゥルゥ・チェンさんはかわいすぎるよ!

ぜひぜひご覧ください!

 

ではまた!