てんてんてん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

授業がつまらない大学生へ


f:id:velminton:20160531010736j:plain

みたらし団子を食べたら煎餅が食べたくなったせいこです。
こんにちは。

就職活動とやらのガイダンスが早くも始まりました。
約20年しか生きていない自分が、来年にどんな判断を下すのか楽しみです。
現時点で大人になってやりたいことなんて、正直、分かりませんが。

 

「おもしろい」と感じたらググろう

f:id:velminton:20160531010808j:plain

 

少しでもおもしろいなって感じたものは、ぜひ調べてください。それすらしないで、ただ大学の授業を聞いてるだけじゃ、そりゃあ、自分の興味あることなんてわかりませんよ。

今日受けた授業の教授がおっしゃった言葉です。

私はこの言葉をそのまま、良い意味で受けとりました。
確かになって。納得です。

よくよく考えると本当に興味のあることって自分から調べてますよね。
私はスニーカーが好きなのですが、誰に言われるでもなくググったり雑誌読んだりします。

私と一緒に授業を受けていた学生たちもみんな、勉強外で興味のあることは自分から調べているでしょう。

これに関しては好きで勉強してるわけですから、自然と知識が身につきます。もっというと、日々の生活になんとか活かそうと考えると思います。

好き!と思ったことを極めることがやはり大事ですね。

引用 http://www.yamamototetsu.com/entry/obenkyo


こと大学の勉強となると、日本の大学生は勉強をしないと言われるくらいですから、明らかです。

かくいう私も同じです。
「ザ・日本の大学生」って感じで大学の勉強をあまりしていません。
テスト前にノートやらレジュメやらを必死で頭に詰め込んで、楽なものから単位を回収していくスタイル。
ここに堂々と書けることではありませんが…(笑)

ストレートに言います。
大学の授業のほとんどがつまらない!

「勉強」していますか?

f:id:velminton:20160531011207j:plain

(受験の時、高校の先生に頂いたお菓子)

高校までの勉強は大学に受かることが目標の勉強だったなあと感じています。
進学校だったので、なおさら、受ける大学の試験内容に沿った勉強をしていました。

もう、そういうものだと思って勉強していたので「興味があるかないか」 なんて、考えもしませんでした。

そして、「理解する」ではなく「覚える」ことが中心でした。
もちろん「理解する」ことが一番なのですが、受験で使用した全ての教科、全ての分野を「理解する」ことは出来ませんでした。
私は数学とか化学とか理解する前に放り投げてしまいました…。
というか、使用した教科さえ「理解」した勉強なんて出来たんだろうか。

「覚えること」をフル活用して晴れて大学生という身分をゲットした私は、大学に入っても「覚えること」をフル活用して単位を回収するのでした。

めでたし、めでたし!

……で、終わらなかったんです!
気がついたんです、私。大学に入って2年経った今、やっと!(笑)

「とりあえず頭に詰め込んだ作業=勉強」ではないんです。
「少しおもしろいと思ったから調べてみること=勉強」なんです。

勉強したことが役立つのは、考え方の理解を重視して、よくわからない最新の知識の詰め込みに終始しない大学時代だからだったと思います。

引用 http://sydbblog.hatenablog.jp/entry/2016/03/26/160708

 

「勉強(仮)」を「勉強」と勘違いしている。

その癖が抜けないから大学の授業が重たくてつまらんものになっているのです。

 

授業つまらねえと思ってる大学生へ

f:id:velminton:20160531010842j:plain興味あるとハッキリ分かった上で何かを始める人なんていません。

「おもしろそう」という、その、ちょっとした思いを自分で広げることが大切です。
ちょっと広げることで一気に興味が湧くかもしれません。
はたまた、興味がないなと気がつくかもしれません。

授業つまらねえと思ってる大学生のみなさん、一緒に「勉強」しましょう。
週に十何コマも受けてれば、少しはおもしろいなって思う内容があるでしょう。
私ですら発見出来たんですから、胸張って探してください。(笑)

まずは、「おもしろいかも!」探しから始めてみませんか。
探してみて、おもしろくなかったら、それはそれで良いんです。

 

おもしろくないっていう発見が出来ました。

明日も「おもしろいこと」探しに行ってきます!



ではまた!

 

ちなみに、わたしのおもしろそうなこと、やりたいことです!

www.seiiko.com